CCUの倫理規程

I. 社会公共に対して

  1. 会員は、業務の遂行にあたって、法律を遵守するとともに本規程を尊重する。
  2. 会員は、地球や地域の環境と建築の関わりを認識し業務に取り組む。
  3. 会員は、設計コンサルタントの役割と責任について、社会公共の正しい理解と評価を得るために努力する。
  4. 会員は、虚偽・誤解を招くような行為などにより、自分自身や業務についての情報提供や宣伝をしない。
  5. 会員は、品性・知識・能力・倫理観を備えるとともに、常に自己の研鑽に努める。

II. 依頼者に対して

  1. 会員は、依頼者の要請に応えるとともに、社会の公益性に配慮して、公正な立場に立って業務を遂行する。
  2. 会員は、依頼者の要請に応え、誠実に業務を遂行することによって依頼者の正当な権利と利益を守る。
  3. 会員は、設計コンサルタントとして自己の独立の立場を保って業務を遂行する。
  4. 会員は、業務上知り得た依頼者の秘密を漏らさない。
  5. 会員は、設計コンサルタントの責任と権利について、依頼者の正しい理解と評価を得るために努力する。
 

誓約書

会員は契約依頼者の不利益 につながるような第三者との 利害をもたない。 また、その斡旋及び推進を 行わないとの理念のもと下記 誓約書を提出した者とする。

CCU誓約書